退屈させずに読まれる記事【文末の表現】を豊かにするテクニック

表現を豊かにするイメージ画像
スポンサーリンク

人を惹きつける魅力のある文章は、何かしら心に引っかかるポイントが必要ですね。

しかしそれよりも前に、絶対あってはならない『低品質な文末』。

文末の表現に変化・リズムをつけ、退屈されずに読んでもらえる記事にしましょう。

文末の表現豊かな、退屈させずに読まれる文章を書くには、いったいどうすればいいのでしょうか。

書いていませんか?低品質な文末の文章

退屈させずに読まれる文章で『注意すべき文末の表現』は、以下の2つです。

  1. 同じ文末の連続
  2. 断定的な語尾の連続

 
1つずつ順に解説していきます。

【1】同じ文末の連続

以下の文章をご覧になってください。

同じ文末を使ったダメな文章例

近年、ブルーベリーが関心を集めています。

ブルーベリーは植物の一種で、ツツジ科に分類されます。

ブルーベリーは、眼精疲労や肩凝りに効果のあるアントシアニンという成分が含まれています。

最近では、サプリメントに使われています。

「〜ます。」と、全て同じ文末になっているとわかりますね。

上の文章を、以下のような文末に修正してみました。

文末の表現を修正した例

近年、関心を集めているブルーベリー。

ブルーベリーは、ツツジ科に分類される植物です。

ブルーベリーに含まれる成分アントシアニンは、眼精疲労や肩凝りに効果があるのだとか。

最近では、サプリメントに使われていますね。

文末の表現を変えるだけで、随分と印象が変わりますね。

同じ文末が連続すると、稚拙(ちせつ)な文章になります。

稚拙(ちせつ)=幼稚な文章です。

小学生の頃の作文を思い出してみましょう。

昨日、私は山にハイキングに行きました。すごく足が痛かったけど、頑張って歩きました。

その後、お弁当を食べました。お弁当はハンバーグでした。イチゴとバナナも入っていました。とてもおいしかったです。

意識していないと、このような文末の表現をしてしまいます。

アフィリエイトを始めたばかりの初心者ライターは、記事の内容に精一杯。おそらく文章の文末までには、気が回らないのが現実ですね。

同じ文末の繰り返しは、最大2〜3回までと考えましょう。

幼稚なウェブ記事『形容詞+です』大人が書いてはいけない未熟な文章

2018.05.13

【2】断定的な文末の連続

断定的な文末を使った悪い文章の例

アフィリエイトサイトの記事作成は、文末の表現に注意しなければなりません。

なぜなら、同じ文末の表現の連続は、幼稚な印象を与えてしまうんです。

「〜です。」が連続していれば、まるで小さい子どもの書いた作文みたいでしょう。

幼稚な文章の記事は、筆者の信頼性や購買意欲も低下させるんです。

どの文末が悪いか、お気づきになられたでしょうか。

こんな短文に「〜なんです。」が、2回も入っています。

以下のように修正しました。

文末の表現を修正した例

アフィリエイトサイトの記事作成は、文末の表現に注意しなければなりません。

なぜなら、同じ文末の表現の連続は、幼稚な印象を与えてしまいます。

「〜です。」が連続していれば、まるで小さい子どもの書いた作文みたいでしょう。

幼稚な文章の記事は、筆者の信頼性や購買意欲も低下させてしまうんです。

この文章では、2つの事を伝えています。

  • 幼稚な印象を与える
  • 信頼性や購買意欲を低下させる

 
2ヶ所両方で、断定的な文末を使って強調しています。

すると、一番強く訴えたい内容が届けられません。

それに「〜なんです。」と、何度も強調されると大変目障りになります。

断定的な文末は、もっとも重要であり、強く主張したい方だけにするべきです。

断定的な文末は、最高でも『1つの見出し内に1つ』という意識をするといいでしょう。

1記事に4つの見出しがあれば、どれだけ多くても約4つです。

ブログ記事の見出し【hタグの種類・使い方】と【重要な法則】

2018.04.07

文末を表現豊かにする方法

文末の表現を豊かにするためには、さまざまな方法があります。

  • 文末の語尾を変える
  • 体言止めを使う
  • 断言しない語尾を使う
  • 呼びかける

 
「〜です。」の連続がダメな例であったように、さまざまなバリエーションの語尾を使った文末にします。

これらの文字数を省けば、2000文字のうち500文字以上も無駄な文字になっている場合もあります。

本来1500文字で書けるところ、無駄な文字で2000文字にしている…となれば見ている方にとって、わかりにくい文章になります。

しかし私を含め、ほとんどの方が無駄な文字数を含めてしまっています。

少しでも無駄な文字を削減した方がいいです

スタイルだけではなく、文章もスマートな方が綺麗に見えます。

上の文章では、全て「〜です。」の文末です。

以下のようにすれば、表現が豊かになり単調な文章ではなくなるでしょう。

これらの文字数を省けば、2000文字のうち500文字以上も無駄な文字になっている場合もあります。(※基本)

本来1500文字で書けるところ、無駄な文字で2000文字にしている…となれば見ている方にとって、わかりにくい文章になるのは間違いありません。(※否定)

しかし私を含め、ほとんどの方が無駄な文字数を含めてしまっている文章。(※体言止め)

少しでも無駄な文字を削減し、文章のダイエットを行いましょう。(※断言しない語尾)

スタイルだけではなく、文章もスマートな方が綺麗に見えますね。(※呼びかけ)

その他にも、さまざまな書き方ができます。

「無駄な文字になっている場合があるかもしれませんね。」

「文章のダイエットを行なってみてはいかがでしょうか。」

「無駄な文字の削減は、絶対必須の『文章のダイエット』と言えます。」

文章にメリハリをつけましょう。

文末の表現は最後の必須チェック項目

このように注意されればはっきりわかりますが、初心者の方は特に、書いている時はほぼ気づきません。

記事を書き上げたら、必ず念入りな文末チェックを行いましょう。

ただし、確認しても客観的な角度から見れず、気づかない場合もあります。

一度で全てをチェックするのではなく、チェック項目を決めておきます。『文末1つ』に対してだけに注意を向けるんです。

  • 同じ文末を連続させない
  • 断定的な文末をいくつも使っていないか

 
そして以下のページで解説した無駄な言葉は、それだけを個別にチェックしながら読み返します。

記事を何度も繰り返し読み返し修正を重ねていくと、書きながらでも気づくようになるでしょう。

それ大丈夫?【文字数が多いだけ薄い内容の記事】無駄な言葉を減らす方法

2018.04.22
スポンサーリンク