初心者の『書けない』を解決!【アフィリブログ記事案が一瞬で浮かぶコツ】

ブログ記事が書けないと悩んでいる人のイラスト
スポンサーリンク

ホームページ運営は、つまづいてしまう箇所が多すぎます。

アフィリエイトブログやビジネスホームページを行なっていて『書けない』に陥る方。

どのようにして、次の記事案を考えていますか?

次のブログ記事の『書けない』を解決に導く、超簡単な小技を解説いたします。

ブログが書けないを解決する方法

『ブログが書けない』を解決する簡単な方法は、たったの2つです。

  • ユーザーの役に立つ事だけを考える
  • つねに「なぜ?」「〜かもしれない」と想像する

アフィリブログを運営していると、ブログアクセス向上や自分の報酬アップだけを考えてしまいがちです。

アフィリブログを運営した時点で、あなたも【ウェブライター】です。

よいウェブライターの基本、それによい記事の基本は、『ユーザーのためになる記事』が書けるかどうか。

有益な記事の基本を忘れてしまえば、記事が書けなくなっても仕方ありません。

もう1つの「なぜ?」という想像。それも言えばユーザーのためです。

ユーザーの立場になって「なぜ?どうして?」と考えます。

自分は書いている立場だからわかっていますが、見る方はわからないから調べているんですね。

暇つぶしのネットサーフィン以外、検索している方が知りたいのはほとんどの場合『ハウツー』です。

疑問を解決するのが、ブログやサイトの役割ですね。

『わからない』が解決できない場合、どれだけブログが書けても検索上位にはなれないと言っても過言ではありません。

ASP案件の商品や、扱っている情報についての疑問を想像し答えていくのです。

常に見て下さる方の立場になれば、『書けない』には陥らないでしょう。

常にユーザーにとって有益な記事を書こうとしていれば、自然と次の記事案が浮かんでくるもの。

それも1記事書いている途中に、いくつものキーワードが浮かんでくるようになります。

「あれも書かなくっちゃ!これもある。」

私は昨日1記事書いている途中で、3つの記事案が浮かびました。毎回、思い浮かんだキーワードや書く内容を必ずメモするようにしています。

書けないを解決する『ユーザー目線』

昨日書いていた記事はこちらです。

【わかりやすく読まれる文章のポイント】例文で学ぶダメな記事との違い

悪い文章をわかりやすい文章へ修正をすると、大幅に文字数が少なくなりました。

修正したのは私ですから、何を修正したのか知っています。しかし見ている方は、なぜ文字数が少なくなったのか?どういう違いがあるのか?と知りたいと考えるかもしれません。

そこで『文字数が少なくなった理由』を書こうという案が浮かびます。

また以下のような疑問も浮かびました。

  • 箇条書きに変えるとわかりやすくなる ⇒ 箇条書きの詳しい解説
  • 難しい言葉を使わずひらがな表記がわかりやすい ⇒ 解説と詳しい詳細

知っているから記事を書いている自分とは違い『ユーザーは知らないから検索している』つねに考えるようにしましょう。

ユーザー目線になれば、数100記事書いても『書けない』にはなりません。

  • 「なぜ?」
  • 「〜かもしれない」

この気持ちは、ライターには必要不可欠です。オリジナル性ある記事が書けるかどうかにも関わってくる重要な感情です。

相手の立場になって考える・つねに疑問を持つ・想像・連想、これらが欠けるとブログ記事が書けないだけではなく、よい記事さえ書けません。

ライターの基本中の基本ですので、意識した方がいいでしょう。

『書けない』状態を作り出すキーワードへの執着

アフィリエイトサイト・アフィリエイトブログを書く上で、キーワードの選定は非常に重要です。

誰もが狙うビッグキーワード。

アフィリをしている限りは、少しでも検索されているキーワードでブログを書いて検索上位を狙いたいもの。

1日も早く1つでも売りたい一心でしょう。

もしかするとその『キーワードへのこだわり』が、ブログを『書けない』にしてしまっている原因かもしれません。

私はサイトを始めた頃、キーワード選定は一切行ないませんでした。とにかく、見ている方が『考えるであろう疑問』を書いていったんですね。

それでも検索上位になり、3ヶ月で5万・半年で10万の利益を得て伸びていきました。

ただ単に目をつけたテーマが良かったのかもしれません。

しかし人が知りたいハウツーを『どうにか知って解決してくれたらな』という想いを持っていたからこその結果だと考えています。

実はアフィリサイトをし始めた頃、ビッグキーワードばかりを書いても、ほとんどの場合いきなり検索上位にはなれません。

競合率が高すぎるからです。

そのためニッチキーワードの選定が重要になります。

ここでも見ている方のなぜ?に答えなければいけない記事案が浮かんできます。

「ビッグキーワードが検索上位になれないなら、どうするの?何をキーワードにして書けばいいの?」見ている方はこう考えるかもしれません。

そして「このページのどこの部分の下り」かをわかるようにメモし、書こうと思った内容をさらっと書いておきます。

すると後で見た時、どのページに関連しているかがわかりますね。別の記事も見てもらえるように、内部リンクの挿入する場所も把握できます。

内部リンクもSEOには欠かせない重要要素です。

繰り返しになりますが、ここでも『内部リンクってどうすればいいんだろう。』初心者の方のなぜ?に答えて書く記事が浮かんできました。

書くことを思いついても、後でメモしようと考えているとほとんど忘れてしまいます。

買い物で経験があるでしょう。たまごを買うためにスーパーへ行ったのに、他のものを買って肝心なたまごを忘れてきた…。

私も全てできませんので、どれだけ考えても全く思い出せず必ず後で後悔するハメになります。

できるだけ『思いついた時はすぐメモする』細かな労力も使うようにしましょう。すると『ブログが書けない』が、少しでも回避できるかもしれません。

記事作成中に浮かんだ内容は、ほとんど関連性ある『なぜ?』になりますね。

関連性ある記事を書くことが、アフィリ成功の秘訣です。

初心者が『失敗に終わる』or『成功へ進む』アフィリサイトの始め方

2018.02.26

書けないアフィリブログは売れない・続かない

当たり前ですがブログを書けないと、商品や商材は売れませんし続きません。

ここでもなぜ?が出てきました。「では、どんな案件にすれば書けるの?」

必要なブログ記事は『なぜ?』の繰り返しです。

書けないではなく、逆に1記事書くごとに複数の記事案が浮かぶので、更新が追いつかない状態になります。

そしてブログ記事を書くためには、自分が得意な事や経験した事しか書けないと言えるでしょう。

得意な事より、実際の経験がものを言います。自分が実際に「なぜ?」に向き合ってきた内容は、どれだけでも記事案が思い浮かぶでしょう。

ASPで単価の高い案件を選ぶよりも、自分自身がそれまで悩んで解決できた本当の事。それこそが、信頼性を生みます。

信頼性のないブログにお客様は訪れてくれません。

ですから『書けない』なら、書ける内容のアフィリに変えた方がいいかもしれませんね。

信頼性をアップさせるためには絶対必要です。

【ブログをちゃんと見てもらえるようにする方法】絶対必須のプロフィールの書き方

2018.03.10
  • ユーザーに役立つ情報を書く
  • 他人目線になって、つねに「なぜ?」「〜かもしれない」と想像する

書けないを解決するために、脳を柔らかくする努力をしましょう。

(と、脳の硬い私はいつも自分にも言い聞かせています。)

スポンサーリンク