最近、文字数の多さについて考えること

記事の文字数について考える女性のイラスト

私はあまりに忙しいと自分のサイトでもご依頼いただいた記事でも、記事を書き上げた後、娘にチェック依頼をすることがあります。

自分で何度見返しても、言い回しがおかしい箇所やミスが見つけられない場合があるんですね。

数日経過して見返すとミスを見つけたりは常日頃…

先日、娘がポツリとつぶやきました。

最近、文字数の多さについて考えること

2000文字の文字数だと、チェックも難なく終わります。

ですが4000文字近くなってくれば、読むのもかなりの時間がかかりますよね。

娘は、こう言いました。

「長すぎる…。」読みたくもない記事に時間を割いてもらっているのですから、これは当然。

「回答だけが知りたいって思う人もいてるんちゃう?」ごもっともだと思いました。

思い浮かんだバラエティ番組。

びっくり仰天とか、気が短い私はあまり好きではありません。

「知りたい最終結果を早く教えてよ!」

最終結果を伝えるために、その過程を放送してはいますが、それを飛ばして結論だけを知りたい。

どちらかと言えば、私はそちらのタイプです。

さきほどアップしたこちらの記事ブログ記事の見出しの役割と付け方の注意点【SEO効果を左右するhタグ】4700文字になっていました。

いや、長すぎるでしょう…と自分で思いました^ ^;

全てを把握するのに時間がかかりすぎる。

記事構成の基本だけで全ての記事が書けるわけではありません。

「見出しの役割と付け方の注意点」ですから、全ての結論を先に述べられないんですね。

いくら目次があるからとは言っても、「もっと簡潔に!もっとシンプルに答えだけ教えて!」と言いたくなる方もいますよね。きっと。

分ければ良かった…と後悔もあります。

これでも、ブログ記事の見出し【hタグの種類・使い方】と【重要な法則】こちらと2つに分けたのですが…。

いつもはもっと細かく分けます。
今回は、なぜかこのようになってしまいました。

もちろんじっくり理解したい方にとってはいいのですが、嫌になってサイトを離れてしまう方もいるでしょう。

だからこそ、ネットニュースである簡単短文な結果だけを述べた記事が見られている要因なのかなと。

そのために、1500文字程度の短文の記事と詳細な記事、2つ作成すればいいんじゃないかと考えてます。

もちろんどちらかには『NOFOLLOW』をつけて、グーグルに知らせる必要がありますが。

『NOFOLLOW』とは、リンクを辿らなくてもいいよ、とグーグルに知らせる方法です。キーワードや記事内容が重複しているページに使用します。

でも1つの内容に対して、2つの記事を作成するとなれば、時間もかかる。大変です。

案外長文よりも短文の記事の方が難しいんです。

たくさんの荷物を、決まった狭いスペースに収納するイメージですね。

内容を濃くしつつ、無駄な文字を省く。かなりライタースキルが必要な仕事です。

文字数は多ければ多い方がよいと言われてはいますが、私のサイトでは1600文字程度のページがなぜかずっと1位だったりします。

他のサイトでも、こんな記事がなぜ上位?なんてことも、おそらくみなさんも経験していますよね。

ですから、文字数とSEO効果の関係性はないのかも知れないなと考える時も…。

実際、関係ないという結果が出ているんですから。

でも何が正しいのか、真実を知っている方はいないでしょう。

明確な答えが知りたいですね。

こうして日々、色々と考えています。

コメントを残す